ギボンフェスティバル 2017 ロングラインコンテスト in 南アルプス

ギボンフェスティバル 2017 ロングラインコンテスト in 南アルプス




■メーカー
■カラー
■品番
ギボンカップ 山梨大会の次の日に開催されるギボンフェスティバルに参加してきました。

会場は南アルプス市の山の中、広い間隔で立派な木々が生い茂るスラックラインには最高のスポットです。
ギボンフェスティバルの会場

午前中はロングラインのコンテストが開催されます。
今回の出場者は15名
ラインの長さは33m、60m、83mの3本
それぞれのラインを両方向から2回ずつ、計6トライの合計歩行距離を競います。
距離が同じになった場合はタイムが早いほうの勝利となります。

自分の好きな順番で好きなタイミングでラインに挑戦することができます。
体力を考えて戦略を練る必要がありますね。

手前から33,60,83です。
3本のロングライン

僕も出場しました。
ロングライン挑戦中 33m
一番重い人を基準に張るので張りは結構固め。いつもと感覚は違うけどそれに合わせるのも試合。
会場は独特の雰囲気。緊張感がありつつも和やかな雰囲気。
かなり緊張しました笑。1チャンスと思うと余計体に力が入ります。
渡り終えると拍手が巻き起こります。
ゴルフみたいな雰囲気と石田くんが言っていました。
ロングラインコンテスト60m
33m、60mは4本ともなんとかクリアできました。

83mは難しかった。最初の数メートルが鬼門。
数歩で落ちる人続出。
僕も1本目は3歩ぐらいで落ちました。

バランス崩しても足をだせという浜にぃのアドバイスが
聞こえたので最初は強引に進んだら2本目はなんとか
少し前に進むことができました。
それでも27m。ほんの一瞬の気のゆるみで落ちてしまいます。
高い集中をキープする気力と体力が必要です。

コンテストが終わるとフェスティバルの開始です。
会場にはロングライン、トリックライン、ロデオライン、ウォータートリック、ウォーターロング、ファミリーライン(お子様、初心者向け)が張ってあります。

ウォーターロング
ウォーターロングライン

ウォータートリック
ウォーターライン

大会後はのんびりたのしい雰囲気です。
スラックラインとカヤック


フェスティバルの最後は大会の結果発表があります。
なんと4位に入賞することができました。
ロングラインコンテスト 表彰
ロングの練習がんばっててよかった。

リザルト

トータル歩行距離217.5m ラインの上にのっていた時間は34分28秒。長っ!
みなさんがスムーズにわたる中かなりしぶとく渡っていたようです。

いやぁ、ほんとに楽しかった。大会とフェスティバルにご協力いただいた
山梨のスラックラインチームYMSの皆さんの力あってこそです。
感謝感謝。

来年も開催されることを願います。

PS. 会場にはなかなか強力な蚊がいます。ブヨかな。
刺されるとけっこう長いことかゆいので、虫よけ、虫刺されの持参をお勧めします。

トップへ戻る